犬床®とは―その特長

この商品は、『大切な愛犬と安心して暮らせる“日本一”のフローリングをつくりだしたい!』を目標に商品開発されている商品です。

愛犬を知り尽くしたプロフェッショナルの指導及び監修のもと、愛犬と屋内で安心して楽しく暮らすための 床“フローリング”の必要条件のうち“5つ”徹底研究して商品開発!

その1.滑らない

犬床®の特長滑らない
滑る床“フローリング”では、愛犬がスリップしてしまい関節のトラブルが起きています。
特に関節が弱いとされる小型犬『トイプードル・ミニュチュアダックス・チワワ・コーギーなど』十分に注意が必要です。
大型犬も体重により、大きく滑るため年齢を重ねるごとにトラブルが多くなっています。

商品の機能 表面が滑らない素材の塗装へ!

独自の塗装で快適性と安全性を実現!!
下記左グラフの摩擦係数値から見て、一般UV塗装に比べ弊社塗装は2倍近く滑りにくい事が分かります。
下記右の表は、人の歩行で快適性・安全性をしるしたものです。 快適かつ安全に過ごせることが分かります。
愛犬の健康被害に対する対策としても大変有用なものと考えます。
なお、防滑効果は表面の塗装膜が極端に、すり減らないかぎり室内の住宅レベルであれば、かなり長く使用が考えられますが、基本的に10年程度(当社比)とお考えください。
一般UV塗装及び犬床®フローリングの摩擦係数比較グラフ歩行の快適性についての参考資料
試験方法:摩擦係数測定試験機を用いて摩擦係数を測る。(愛知県技術開発交流センターにて)

その2. ささくれが、起きにくい

ささくれが起きにくい説明画像
床材“フローリング” は、無垢材・集成材・合板などで出来ています。
その為、素材のグレード・加工状態・経年変化・引っ掻きキズなどにて、ササクレが発生。
愛犬の足“肉球”などをキズつけてしまう事があります。

商品機能 ささくれが、起きにくい方法

素材のグレードのチェック。『木目繊維が正常』
木材を加工したとき、目視検査にてチェック。
商品の出荷前、表面全数チェック。

ダブルチェックで、対応しています!

その3. 抜け毛が、たまりにくい

愛犬の種類によりますが、抜け毛が激しいワンちゃんもいる。
毎朝ブラシをかけて、服を着ていても抜け毛が床に!
掃除機、コロコロなどを駆使して部屋中を這いずりまわって掃除していますよね。

商品機能 抜け毛が、たまりにくい方法

目地・溝に、抜け毛・皮膚カス・ゴミ・ホコリがたまっても、掃除しやすい加工形状。

その4. 愛犬の“おしっこ”も、素早く拭き取れば変色しない

おしっこに強い
決まったところで、“トイレ”をしていても病気などで、“トイレ”以外の場所でしてしまう。
床“フローリング”の素材・表面仕上げにもよりますが、アルカリ性に汚染されたものは表面が変色してしまう。
ウェットティシュ・雑巾・トイレ汚れ専用スプレーなどで掃除。

商品機能 変色しない

フローリング表面の塗装膜は、耐水性・耐酸性・耐アルカリ性において充分な性能をもっています。
“トイレ”などをしたら、できる限り早めの処理(拭き取り)をお願い致します。

その5 ノミ・ダニ・ゴキブリ“成虫”が生育しにくい

ノミは、愛犬の体表上で繁殖します。ノミのメスは、1日あたり数十個の卵を産みます。
その卵は、表面がツルツルしてるので、体よりすべり落ちています。
もし、1匹でも見つけたら卵・サナギなどの予備軍が床“フローリング”など周辺に存在します。
また、お散歩したときに草むらには、多くのマダニが生息しています、ご注意を。

商品機能 ノミ・ダニ“成虫“が生息しにくい

ノミ・ダニに強い無垢材は、基本的に畳・カーペットに比べてノミ・ダニが生息しにくい素材です。
ただし、こまめにお掃除をお願い致します。